年齢を感じさせる小じわをしっかり対策しよう

正しい使い方でお肌をケア

クレンジング

肌の状態と使用量が大事

発熱する成分が含まれていて、メイクを落とすことができるのがホットクレンジングです。クレンジング剤を肌に馴染ませるだけで、肌を温めることができ毛穴が開きやすくなるのが特徴といえます。毛穴が開くことで、メイク汚れや皮脂が落ちやすくなります。また、ホットクレンジングはジェル状のものが主流となっていて、摩擦による肌への負担をやわらげてくれます。しかし、正しい使い方をしなければ、クレンジング剤としての洗浄力を発揮しないのに加えて、肌に負担をかけてしまうことがあります。ホットクレンジングを使うときのポイントは、肌の状態と使用量です。まず、濡れている肌にホットクレンジングを使用すると、メイクとうまく馴染まないため、十分にメイクを落とすことができません。顔はもちろんのこと、手が濡れている場合には、タオルで水気をとってから、ホットクレンジングを使用する必要があります。入浴のついでにメイクを落とすという人は、特に注意しなければなりません。次に、ホットクレンジングの量です。メイクを落とすのにクレンジング剤の量が少なければ、肌に汚れが残ってしまいます。また、少量でメイクを落とそうとすると、力強く肌をこすってしまいがちです。その結果、肌荒れや乾燥、色素沈着などの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。パッケージに記載されている適量、または少し多めの量で使用するようにしましょう。ホットクレンジングがかたくて伸びが悪いという場合には、手の平で温めることで伸びが良くなります。